お子さんの節目にフォトブックを作りませんか

DSCF1051

久しぶりのブログです。

先日フォトネクトでお話しされていた先生がフェイスブックは流れてしまうのでブログを書いてカテゴリーごとに分けると見る側はわかりやすいと聞き、わかってはいたのですが、これを機にさっそくやってみようと行動に移したひろちゃんですが、

作業の仕事を優先となればまたポツリ、ポツリとなってしまう・・・・という予測<(_ _)>

さて昨日、一昨日と2日に分けてフォトブックのご相談がありました。

息子さんの20歳までの成長をフォトブックにしてプレゼントしたいと、

まず1日目に入れたい画像・写真の確認とプレゼントする日までのスケジュールを

あっ、4日後ですか・・・ しかも夕方からしか来店できない

大丈夫です。カメラの光盛堂Ⅱのくるみ製本のフォトブックはひろちゃんは製本まで全部仕上げる完全内製型です。

DSCF1002
入れたい画像はデジカメから2台分・ミニアルバムに入った写真・スマホの中。

これを全て一ヶ所にして使いたい写真をセレクトします

ここで活躍してくれるのが店内においてある【おもいでばこ】です

DSCF1003

 

通常、販売のデモンストレーション用に置いてますがフォトブックや1000枚超える中からのプリントセレクト作業にもお試しに使ったりもしています。

ここで微笑ましかったのが画像を選んでいるママのお顔が優しく微笑んでいて
画面を見させていただいたら息子さんの小さな頃の画像でした

「こんなカワイイ頃があったのよね」

きっと当時の思い出もたくさん思いだしていたのしょう。
これもフォトブックを作る素敵な効果ですね。

一日目は閉店時間ギリギリでセレクトまでで終了

 そして昨日は一気に表紙デザイン・タイトル・サブタイトルフォトブックの大きさを決めててレイアウト開始です
途中、悩まれている時はそのページに合ったレイアウトのご提案をさせていただきました

DSCF1051

最後にママからのメッセージを入れて見事レイアウト終了です。

明後日のお昼までに心込めて製本しておきますね

2日間のお仕事帰りの作業ご苦労様でした。

フォトブック作成するのは正直ちょっと大変です。

でもその苦労も出来上がったフォトブックに想いが入ってより見たとき感動するんです。

だいたいのお客様が出来上がったフォトブックをみて「わぁ!」と感動されます
その場様子を見るのがとても嬉しいひろちゃんです

お子さんの節目にフォトブック作りませんか?
その作業はお子さんの小さな頃の愛くるしい想いも思い出せる素敵な時間になります

写真整理アドバイザーのひろちゃんが写真のセレクト作業からレイアウト・製本まで全てお手伝いします

 

 

top