想いをカタチに残すお手伝いを

この写真は、新宿駅の北側にある思い出横丁で高田真奈実さんを撮影したものです。思い出横丁に入り、まだ互いに緊張もあり、さあどこで撮ろうかというとき、ファーっと風が吹いて通りの飾りがとても綺麗になびいた。ここに立ってみて、と撮影を開始した。そんな一枚です。

 高田真奈実さんは、株式会社たかだまなみhttps://twitter.com/manadum の社長で、先日ご出産されて今は産休中。真奈実さんと知り合ったのは、友人から昼から赤羽で飲んだ時。お婿さんを見つける会社を立ち上げたという発想や行動力が素晴らしい女性だと。
 普段、ふざけたり、サラリーマンの自分には刺激的な会話や言動があるのだけれど、とても純粋な彼女の中身を心の目で見ることがあった。
 そんな影やエグさ丸出しの彼女の底の部分にある美しさや人間性を撮影してみたくなり、思い出横丁の横のユニクロで待ち合わせて、撮影を開始した。

 自分にとってほぼ初めてのポートレート撮影。
 午前中の思い出横丁は、人通りもなく、柔らかな光が天から注ぎ、普段の彼女のちょっとふざけた写真にはない彼女の美しさや人間性が現れた写真が撮影できたと思う。
 多分、彼女の被写体としての素晴らしさのおかげだと思う。
 この撮影で、少しポートレート撮影に楽しさを持てたように感じる。
(感想やご意見はコメント欄へ頂けるとうれしいです。)

;撮影機材 カメラ SONY a7III ,レンズ FE50mmf1.4ZA
撮影日 2019.6


top